ラベルプリンター・ラベル・リボン他SATOのサプライ製品を専門に最安値にて販売致しております。ラベルプリンター本体の他オプション等も品揃え豊富です。
 東京西サトー製品販売
ラベルプリンター格安ショップ
\10,000以上で送料無料!\30,000以上で代引き手数料無料!
 トップページ  カテゴリ一覧  ご利用案内  会社概要
 お問い合わせ  よくある質問  会員登録
カゴを見る

カートの中身

カゴの中身は空です。

即日
お支払方法

    
 バーラベ(Barlabe)シリーズ
  ラベルプリンタ本体
   バーラベFi212T
  オプション
   バーラベKi Ke用
   バーラベFi212T用
  バーラベラベル
   固定仕様標準サイズ
    一般サーマル紙(強粘)
      1ケース
      小ロット
    一般サーマル紙(冷凍糊)
    合成サーマル紙(強粘)
    合成サーマル紙(冷凍糊)
    テクノサーマル紙
    コスモサーマル紙
   フリー仕様標準サイズ
    一般サーマル紙
      1ケース単位
      小ロット
 レスプリ(L'esprit)シリーズ
  ラベルプリンタ本体
   T408v-ex
   R408v-ex
   T412v-ex
   R412v-ex
  ラベル
   3Sコート紙リボン付
   超高感度サーマルB
   テクノサーマル紙
   物流サーマル紙
   合成サーマル紙
   医療用ラベル
 エヴィ(Et Vie)シリーズ
  ラベルプリンタ本体
   Ev208R(標準)
   Ev208R(カッタ仕様)
   Ev208R(剥離仕様)
   Ev212R(標準)
   Ev212R(カッタ仕様)
   Ev212R(剥離仕様)
  エヴィ専用インクリボン
  オプション
 バートロ(Bartronics)シリーズ
  バートロラベル
  インクリボン
 サトック(SATOC)シリーズ
  インクリボン
 スキャントロシリーズ
  インクリボン
 手貼りシール
  プロモーション台紙
 医療用リストバンド
  入院リストバンド
  母子一体型リストバンド
 標準タグ・ラベル
  JIS(量販店用)標準
   JIS標準タグ
   JIS標準ラベル
  百貨店用標準
   百貨店標準タグ
   百貨店標準ラベル
 PDラベル(物流ラベル)
 ソフトウェア
 ラベル剥がし 清掃液(サットル)
 プリンタ清掃用品
東京西サトー製品販売株式会社
ハンドラベラー格安ショップ Yahoo!サトーオンラインショッピング
西サトーブログ 会社公式ブログ
サトーのラベルプリンタ本体には、
6ヶ月のメーカー保証がつきます。

営業日カレンダー

1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ショップ休業日
【遅延のお知らせ】
一部地域において大雪の影響により、集荷や配達に遅延が生じる可能性があります。詳しい状況につきましては、各運送会社のホームページなどでご確認ください。
お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
日本郵便ヤマト運輸佐川急便 アマゾン即日出荷・サトーハンドラベラー商品一覧 2018年「新春プレゼント」


 バーコードについて

近年ではすっかり定着したバーコード表示。
スーパーの値段表示や、宅配の伝票などで見る機会も増えました。
サトーのラベルプリンターでも印刷できるバーコードについて簡単にご説明します。

【バーコードとは】

バーコード(Barcode)とは、縞模様状の線の太さによって数字や文字を表す識別子です。
数字や文字、記号などの必要な情報を一定の規則に従って一次元のコードに変換し、
センサーで読み取りやすいデジタル情報にしたものです。


【バーコードの歴史】
バーコードの期限は思いのほか古く、モールス信号が考案された1835年まで遡ります。
更に昔、中国の占いでも2進数のバーを利用してたことがあるそうです。

バーコード自体として初めて歴史に登場するのは、1949年頃の米国になります。
ドレクセル大学の大学院生2名が発明、1952年に特許を取りました。
その時のバーコードは円形で、リーダーには500wランプが使われたそうです。
ですが、この時点はまだ実用には至りませんでした。

バーコードが実用されるようになったのは、1960年代。
現在スーパーなどで使われているPOSシステムの原案が1955年に報告され、
実際に大手スーパーマーケットで導入されたのは1967年。
その後、共通食品コードのための委員会が発足し、1973年に共通商品コードUPCが作成されました。

日本でもその頃あたりからバーコードの導入は始まりましたが、商品全てにバーコードラベルを
貼るという課題を前に本格導入にはなかなか至りませんでした。
1984年、大手コンビニエンスストアが本格的なPOSシステムを導入。
その影響力に乗り、百貨店やスーパー、コンビニ、専門店へとPOSシステムが普及していき、
今日へと至っていると言われています。


【バーコードの種類】
代表的なバーコードについてご紹介します。
〈JAN / EAN〉
JAN(Japan Article Number)コードは、日本独自のコードです。
共通商品コード用バーコードシンボルとしてJIS化されており、現在では日本国内の生活用品の
ほぼ全てにマーキングされています。
EAN(Europe Article Number)はその国際的な共通商品コードです。
13桁の標準バージョンと、8桁の短縮バージョンが存在します。
〈UPC-A / UPC-E〉
UPC(Uniform Product Code)は、1973年にUCCが開発した米国の共通商品バーコードです。
UPC/EANシンボルは2000年にISO/IEC15420として国際規格となり、2004年にはJIS-X-0507(標準物流コード)となりました。
UPC-Aは標準型で12桁、UPC-Eはその短縮型で6桁で構成されています。
UPCはEAN(JAN)と互換性があり、UPC-AはEANと、UPC-EはEANの短縮バージョンと同じコード体系になっています。
〈CODABAR(NW-7)〉
NW-7は1972年に米国もモナーマーキング社が開発したCODABARの日本での呼称です。
数字、英文字、記号を表現ができ、読み取りも印字も容易い為、工業用として多用されています。
特にナンバリングを必要とする場合に最適で、血液銀行の管理や宅配便の集配用、図書館の貸出管理や、各種会員カードなどで利用されています。
〈CODE128〉
CODE128は1981年に米国コンピュータアイデンティックス社が開発したシンボルです。
3本のバーと3本のスペースで1文字を構成し、フルアスキー、数字、アルファベット(大文字・小文字)、記号、制御文字等を表現することができます。
〈CODE39〉
CODE39は1975年に米国インターメック社が開発したシンボルです。
数字、アルファベット大文字、記号、スタート・ストップキャラクタを表現でき、誤読率も低い為、産業分野で最も広く使用されています。
〈ITF〉
ITF(Interleaved Two of Five)コードは、1972年に米国インターメック社が開発したコードです。
バーとスペース5本ずつの組み合わせで2つの数字を表現し、記録密度が高く誤読が少ないこと、
また、段ボールなどへの印字が容易いことから物流用に多用されています。
〈GS1-128〉
2006年1月まではUCC/EAN-128と称されていました。
GS1-128は現在普及しているJANコードやITFの情報に加え、物流情報や商取引情報など様々な情報を表示するためのバーコードで、使用者側が必要な情報を選んで使用する事が最大の特徴です。
コンビニでの支払取扱票や食品の品質表示の他、医療分野でも幅広く利用されています。


 2次元コードについて



携帯でも容易く読み取ることができ、何かと便利に使われることの増えた2次元コードについて、簡単にご説明します。

【2次元コードとは】

1次元でシンボルキャラクタを直線的に並べて情報化しているバーコードに対して、縦横2次元で情報化を行うシンボルを、2次元シンボルもしくは2次元コード、2次元バーコードと称します。
2次元コードには、構造的にバーコードを積み重ねたようなスタック型と、碁盤に石を並べたようなマトリックス型があります。
一般的に、2次元コードは英数字なら2000文字以上、数字のみならば3000桁以上をコード化することができ、情報化密度が非常に高いが、バーコードに比べシンボルの基本単位であるバーやセルが非常に小さいことから、汚れや傷の影響を受けやすくもあります。
現在使われている2次元コードの多くには障害により読めなくなったデータや誤読したデータをサポートする誤り訂正機能を備えています。
また、バーコードと違いカナや漢字なども2次元コードでなら表現することができます。


【2次元コードの歴史】
1982年にベリテック社がマトリックス型シンボルのVeriCodeを開発した事を皮切りに、2次元シンボルの開発競争は始まりました。
1994年から1997年にかけて各種2次元コードが、USS(Uniform Symbology Specification)や
ISS(International Symbology Specification)、ITS(International Technical Specification)に登録され、
2001年から2002年にかけて、DataMatrix、MaxiCode、QRCode、PDF417が規格化されました。


【2次元コードの種類】
代表的な2次元コードについてご紹介します。
〈QRコード〉
QR(Quick Response)コードは1994年に株式会社デンソーウェーブが開発したマトリックス型の2次元コードです。
その名の通り、高速読み取りを重視したコードで、現在では日本で最も普及しています。
特徴としては、大容量データの収納、小スペースへの印字、カナ・漢字を表現可能、汚れ・破損に強く、どの方向からでも読取可能な事があげられます。
QRコードには、最初に作られたモデル1、モデル1の問題点を補い歪み補正機能をつけたモデル2、省スペース・少量データ用のマイクロQRコードの3種類があります。
〈Data Matrix〉
Data Matrixは1987年に米国アイディマトリックス社によって開発されたマトリックス型の2次元コードで、日本ではDate Codeと呼ばれています。
最も小さいシンボルが作成でき、情報密度も高いことから、工業などの分野でのマーキングに採用されており、マーキングスペースがないアプリケーションでは世界的に普及しています。
〈PDF417〉
PDF417は1989年に米国シンボルテクノロジー社によって開発されたスタック型の2次元コードです。
日本ではあまり見かけませんが、米国を中心に世界的には最も普及しています。
〈Maxi Code〉
Maxi Codeは1987年に米国の宅配業者UPS社によって開発されたマトリックス型の2次元コードです。
利用するユーザー自身が開発した非常に珍しいコードで、シンボルの中央に特徴的な3重の同心円があり、これにより2次元コードの位置を瞬時に認識することができるため、高速読み取りに適しているという特徴を持っています。
米国を中心に、コンベアラインの仕分け用コードとして主に利用されています。
〈Veri Code〉
Veri Codeは1982年にベリテック社が開発した最初のマトリックス型2次元コードです。
このコードはAIMI(国際自動認識工業会)やANSI(全米規格協会)などで規格化されていない為、仕様が無償公開されているわけではありません。
その為、液晶ガラス基板管理やコンタクトレンズの管理等で使用されている例はあるものの、あまり普及はしていません。

人気商品

1位
21,500 円 (税込)
※表示価格は1箱当りのお値段が¥21,500です。10箱分での...
2位
13,500 円 (税込)
※こちらは1ケース(50巻)単位になります。※このラベルを...
3位
2,550 円 (税込)
※こちらは10巻単位になります。こちらの商品は通常ケース...

出荷について

 
即日出荷希望の場合は、お支払いは代金引換のみ選択可能
午後14時以降のご注文の場合は翌営業日の処理となります。
また、大口でのご注文等ご注文内容によっては、即日出荷マークがついている商品でもその日のうちに発送できない場合がございます。ご了承ください。

即日出荷商品以外のお届けは通常3日〜1週間程度です。
※データ入力・設置説明日の納期は別途ご相談になりますので予めご了承下さい。
ご指定される場合は、ご注文日より5日〜30日後の日付をご指定ください。
ご指定のない場合は、最短の手配にて発送させていただきます。(通常、2〜5営業日以内)


お支払いについて

お振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
電信振替でご入金ください。
お振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
代引き手数料は一律330円です。
※お買上げ合計金額が30,000円以上で代引き手数料が無料となります。
※詳細はこちらをご覧ください。


送料について

 
※詳細はこちらをご覧ください。

領収証(領収書)について


※お支払方法が代引きの場合運送会社から代引きお支払時に「代引領収書」が発行されます。申し訳ありませんが、それをもって弊社領収証とさせて頂きます。
※運送会社発行の「代引金額領収書」以外の領収証をご希望の場合、弊社では電子領収書での発行となります。後日(通常3日〜5日以内後)ご注文者様へメールにて発行のご案内を致します。
詳細はコチラをご確認下さい。

お客様情報について

当店では、お客様からお預かりする個人情報を商品の発送とご連絡以外の用途には一切使用いたしません。
大切な個人情報を当店から第三者に流出することは一切ございませんので、ご安心してお買物をお楽しみください。


営業日について

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
営業:09:00〜17:00
(土・日・祝・夏季休業・冬季休業を除く)

色表示してある日は定休日です。
ご注文は24時間受け付けておりますが、商品の発送やメールの返信はお休みです。
  休業日   即日出荷不可


当店について

東京西サトー製品販売株式会社
所在地:東京都立川市富士見町1丁目3番地14号
TEL : 042-525-4475(代表)
FAX : 042-525-4572
店舗連絡先 : info@nishisato.com
公式URL : http://www.nishisato.com/
 


お問い合わせ
メールでのお問い合わせは…
 info@nishisato.com
お電話でのお問い合わせは…
 フリーダイヤル:0120-406-310
 09:00〜17:00(土、日、祝日は除く)

Q&Aはこちら
フリーダイヤル 0120-406-310
FAX注文書
QRコード